40代のシステムエンジニア(SE)が休日にネットで何をしているのかを徒然と紹介します

Wi-Fiルーター(TP-LINK Archer C5400)は【ブリッジモード】より【ルーターモード】のほうが安定している?

2020/06/17

こんばんは@あきらです。

 

今回は、Wi-Fiルーター(TP-LINK Archer C5400)は【ブリッジモード】より【ルーターモード】のほうが安定している?を紹介します。

 

 

 

 

ブリッジモードよりルーターモードのほうが安定している?

「TP-LINK Archer C5400」ですが、【ブリッジモード】だと接続が不安定な気がします。

僕の環境では、別途ルーターが設置しているので「TP-LINK Archer C5400」は【ブリッジモード】で使用していたのですが、動画が止まってしまったり、速度が急激に遅くなることが頻繁にありました。

そこで「TP-LINK Archer C5400」を【ルーターモード】に変更して、ダブルルーターで使用してみたところ、速度が安定しました。

 

WAN --- モデム ーーー ルーター ーーー 【ブリッジモード】 ーーー LAN ⇒ 不安定

WAN --- モデム ーーー ルーター ーーー 【ルーターモード】 ーーー LAN ⇒ 安定

 

通常であればルーターが2つあると速度が遅くなるのですが、「TP-LINK Archer C5400」はブリッジモードに不具合があるようです。

 

Wi-Fiルーター(TP-LINK Archer C5400)の初期化方法

Wi-Fiルーター(TP-LINK Archer C5400)の初期化方法はカンタンです。

この記事を読むだけでWi-Fiルーター(TP-LINK Archer C5400)の初期化は直ぐにできます。

また、他のWi-Fiルーターでもほぼ同じなので参考にしてください。

 

操作は以下の通りです。

・電源を入れる

・本体の裏面にある「RESET」の穴に、爪楊枝などで、10秒長押しする
(C5400だと一番左側がRESETの穴です。)

・再起動され、設定が初期化される

以上で完了です。

※リセットすると、Wi-Fiルーターに設定して内容が、すべて初期化されます。

 

APモード【ブリッジモード】やRTモード【ルーターモード】でうまく設定できない時や、設定を初めからやり直したい時、動作が不調なときなどに初期化してみてはいかがでしょうか。

 

プロバイダを変更したときや引っ越ししたときにWi-Fiルーターの初期化は使える

例えば引っ越しなどでA社からB社のプロバイダに乗り換えたときにうまく接続できなくなることがあります。

▼A社
・別途ルーターを借りたのでC5400をAPモード【ブリッジモード】で運用

↓(乗り換え)

▼B社
・別途ルーターは借りられなかったのでC5400をRTモード【ルーターモード】で運用

 

この時、A社で使用している間に【ルーターモード】に切り替えておけばいいですが、B社に切り替えた後に【ルーターモード】に切り替えるためには有線LANでC5400とパソコンを接続しなければなりません。

なので、この場合、初期化をするのが有効となります。

そういう意味でも、引っ越した時や、プロバイダを乗り換えたときに、ネットに接続できなくなったら、ルーターをRESETしてみると治る確率が高いです。

 

「TP-LINK Archer C5400」は【ルーターモード】の方が良い?

もし、「TP-LINK Archer C5400」を使用していて、接続や速度が不安定だったら【ルーターモード】に変更してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク




記事を検索
はじめまして、あきらです。

僕はSE(システムエンジニアリング)として働いています。

SEというと、忙しくて、辛い仕事だというイメージがあると思いますが、実際はその通りです(^^;

でも、パソコンや携帯電話について、多少なりとも詳しくなったと思っています。

だから、休日もパソコンやスマホを弄ったりするのが趣味みたいになってしまいました。

そんな僕の休日を記事にしたのでゆっくりとご覧になってください。

カテゴリー
スポンサードリンク
副業で稼ぎたいあなたにお勧めの商品