40代のシステムエンジニア(SE)が休日にネットで何をしているのかを徒然と紹介します

光で充電する【LunaR(ルナ)】 スマートウォッチは歩数をカウントしない?実際に購入してみた体験談

2020/04/17

こんばんは@あきらです。

今回は、【LunaR(ルナ)】という商品を購入して、実際に使ってみましたので紹介します。

 

最初に注意があります。

【LinaR(ルナ)】の日本正規代理店は「株式会社Gloture」のようです。

安いからと言ってamazonなどで他店で購入してしまうと、トラブルや故障時は海外の店舗【LunaR】に対応してもらう必要があります。

僕は安かったのでamazonで購入しましたが、購入元に質問しても返事が返ってこなかったので苦労しました。

それでは、いってみましょう。

 

LunaR(ルナ)の説明には下記のように書かれています。

  • 光で充電するスマートウォッチ(太陽や、強い室内灯で充電可)
  • 【機能】活動量計/アラーム/通知/日の出・日の入り時刻表示/二カ国時刻表示/睡眠モニター/防水/音楽再生、停止/スマホを探せる/LunaRを探せる/カメラシャッター
  • 【仕様】ムーブメント:日本製、MIYOTA SUPER GL26/素材: ステンレススチール316L/厚さ:12.6mm/ケース径: 41mm/重量:60グラム/風防:サファイアクリスタル/同梱ベルト:長さ26cm – 幅2cm – 厚み +/-1mm(※長さはバックルを含む)/ベルト幅20mmと交換可能/防水性能:5気圧防水(日常生活用、強化防水時計)/バッテリー容量:110mAh/Bluetooth:BLE (Bluetooth Low Energy) v4.0/センサー:3軸 加速度計/対応OS:iOS10以上、Android 4.3以上 対応/健康アプリ:Apple ヘルスケア、Google Fitt
  • 【保証】保証期間 1年間 /対応方法 無償で修理、または交換(メーカー判断による) /条件 製造元起因の欠陥であること。 ユーザーにより改造、改変されてないこと 自己、不適切なケア、過失、通常の摩耗、または長時間に渡る材料の自然分解によって生じた損傷には適用されません。

要するに光で充電するからUSBをつないで充電する必要がなく、活動量計などのひととおりのスマートウォッチの機能は持っている、ということです。

さらに、スマホのアプリで管理ができるので非常に便利です。

 

LunaR(ルナ)の内容

amazonで購入したためか比較的早く入手できました。

まずは、外箱です。

黒に白地で【LunaR(ルナ)】と書かれています。

また、デザインも格好いいですね。

 

こんな感じで開封します。

外箱はペラペラですが、中の箱はしっかりしています。

 

中身はこんな感じです。

 

まずは説明書と保証書になります。左側のケース?に収納されています。

 

説明書はこんな感じで英語表記になっていました。

 

こちらが充電器になります。太陽光で充電が不足した時などに使用します。

 

こちらが本体です。

シンプルで好みですが黒字に長針が黒なので若干見にくいです。

盤面に「LunaR」と記載されています。

ボタンは3個だけなのであまり不安はありません。

 

本体の裏面になります。

 

こちらがベルトです。

 

ベルトはナイロンなので、肌荒れなどには良さそうです。

今まで、ステンレスやゴム製を使用していましたが、一日中つけっぱなしにしていると、手首がかぶれました。

ただし、ナイロンはとても軽いせいか、本体が重く感じました。

 

LunaR(ルナ)の取り付け

LunaR(ルナ)をさっそく使ってみましょう。

まずは、本体にベルトを取り付けます。

ここで問題が生じました。

本体とベルトの付け方が分からない!

このベルトの形状はなんだ?

 

ベルトの取り付け方ですが、

まず、上記のようにベルトに本体を取り付けます。

(裏表に注意してください)

 

本体をベルトに通した後、ベルトにリングを通します。(右上部分)

 

リングに通したベルトを引っ張ります。(右上部分)

 

これで完成です。

 

こんなこと、当たり前なのかもしれませんが、

説明書にも記載がないので参考になればうれしいです。

 

LunaR(ルナ)の使い勝手をレビュー

さっそく腕に取り付けてみました。

ヘッド部分はこんな感じ。(手が汚くてすみません。)

やはり長針が暗くて見えません

 

手首の裏面です。ナイロン製なので痛くありません。

ただし、手を洗うとベルトのナイロンに水が染みるので気になります。

 

斜めから見るとやはり長針が分かりません。

 

一応、ヘッド部分を顔に向けると【分】の部分がLEDで光るので分かるのですが、この光が5分単位しかないので、22分でも23分でも25分が光ります。

「大体25分」で気にならない人には問題ないですが、僕は電波時計が好きなので、正確な時間が気になります。

 

しかも、一番のデメリットが、

盤面の時刻がスマホと連動しない(手動)

ということです。

 

LunaR(ルナ)は、ヘッド部分の時計のほかに内部時計があるそうで、内部時計はスマホに連動しているそうです。

 

ということは、ヘッド部分の時計は手動で修正する必要があるんですね。

・・・残念。

 

LunaR(ルナ)のメリット

・光で充電するスマートウォッチとしては安価。

・デザインが格好いい

・ベルトがナイロン製なので手がかぶれにくい

・ボタンが3つしかないので分かりやすい

 

LunaR(ルナ)のデメリット

・盤面の時計は手動で設定が必要

・スマホのアプリにアカウント登録ができない

・歩数や心拍数がカウントされない

・一度スマホと切断されると自動で復帰しない

 

LunaR(ルナ)は購入するべきか

現段階では、購入はお勧めしません。

なぜなら、

・盤面の時計が手動のため

・歩数などがカウントされない(1日歩いても0歩)

・スマホでアカウント登録ができない

という不具合があるからです。

 

おそらく、歩数のカウントやアカウントの登録は、バージョンアップなどで改善されると思いますが、盤面の時計を手動で直すのは面倒で仕方ありません。

内部時計を持っているのであれば盤面の時計と同期してくれればよかったのに非常に残念です。

 

スポンサードリンク




記事を検索
はじめまして、あきらです。

僕はSE(システムエンジニアリング)として働いています。

SEというと、忙しくて、辛い仕事だというイメージがあると思いますが、実際はその通りです(^^;

でも、パソコンや携帯電話について、多少なりとも詳しくなったと思っています。

だから、休日もパソコンやスマホを弄ったりするのが趣味みたいになってしまいました。

そんな僕の休日を記事にしたのでゆっくりとご覧になってください。

カテゴリー
スポンサードリンク
副業で稼ぎたいあなたにお勧めの商品