40代のシステムエンジニア(SE)が休日にネットで何をしているのかを徒然と紹介します

動画のコピー防止プロテクト「Cinavia」がすごい!その解除方法とは?

2019/02/08

こんばんは@あきらです。

 

今回は、2012年から使用されている動画のコピー防止プロテクト「Cinavia」について紹介します。

 

 

 

 

 

コピー防止プロテクト「Cinavia」とは?

Cinavia」とは、主にBlu-ray Discで採用されているコピーガード規格の1つです。

  • 音声にコピープロテクトを仕込むことにより、あらゆるコピーに対応できる
    (映像のコピープロテクトを解除しても視聴が出来ない)
  • 特定の設備・機器の再生のみを可能にする。
    (携帯端末での視聴は出来るが、それ以外はNGなど)
  • 著作権者の許可なしでコピーを制限することを可能にする
    (レンタルのブルーレイなどをコピーできないようにできる)

症状としては、映像のコピープロテクトを外したブルーレイを再生すると、再生してから数分で音声が消え、画面に警告メッセージが出現してその先を見ることが出来なくなります。

 

「Cinavia」は、今までのようにコピーが出来なくなるの?

はい、通常販売されているコピープロテクト解除ツールは、映像のコピープロテクトを解除するツールでしたが、「Cinavia」は音声にもプロテクトを仕組んでいるため、映像だけのプロテクトを解除してもコピーできません。

さらに、DVDなどをアナログで録画しても、再生しているテレビ画像をビデオカメラで撮影してもプロテクト機能が働いて、見ることが出来ません。

 

Cinavia」は「CPRM」「CPPM」「AACS」など数多くのコピープロテクトを凌駕する最強のコピープロテクトと言われています。

 

当初は、映画館で撮影した海賊版の氾濫を防ぐために開発されたようですが、既に一部の市販されているブルーレイにも使用され、地デジ番組にも仕組化されるとか。

 

「Cinavia」の解除方法は?

今のところ、「Cinavia」の解除方法が色々と出てきているようです。

ツールを購入すれば解除できるとのこと。

ただし、お値段はそれなりに高く、新しいプロテクトが出現するごとに対応したツールにお金を支払わなければならないので、儲かるのはプロテクト解除の会社だけなのかもしれません。

結局、新しいプロテクト方法が出ると解除方法も出るといういたちごっこになってしまいます。

 

映画の海賊版などが出来ないようにするのは望ましいところですが、自分で撮影した映像やTV番組にまでこのプロテクトを使用するのはどうでしょうか?

たしかに、自分の動画を知らない人が勝手に見ていたら怖いですが。今後はYouTubeなどでもこのようなプロテクトが有効になりそうですね。

 

※レンタルDVDやBlue-rayには著作権があるため、コピーは禁止です。プロテクトを解除するだけでも違反となりますので、絶対に行ってはいけません。また、当サイトを使用することで発生したいかなる問題に対しても責任を負いません。

スポンサードリンク




記事を検索
はじめまして、あきらです。

僕はSE(システムエンジニアリング)として働いています。

SEというと、忙しくて、辛い仕事だというイメージがあると思いますが、実際はその通りです(^^;

でも、パソコンや携帯電話について、多少なりとも詳しくなったと思っています。

だから、休日もパソコンやスマホを弄ったりするのが趣味みたいになってしまいました。

そんな僕の休日を記事にしたのでゆっくりとご覧になってください。

カテゴリー
スポンサードリンク
副業で稼ぎたいあなたにお勧めの商品