40代のシステムエンジニア(SE)が休日にネットで何をしているのかを徒然と紹介します

Windowsで「不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)エラーコード43」の対応方法

2018/06/18

こんばんは@あきらです。

 

今回は、USBデバイスが

「不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)エラーコード43」

となって使用できなくなる件について紹介します。

 

先日、突然パソコンのUSBに接続しているハードディスクやスマホ、ウォークマンが接続出来なくなり、少し調べてみました。(ちなみにUSBハードディスクは別途電源を取っています。)

しかし、USBマウスやUSBキーボードは普通に動作しています。

 

では、何が違うのか?

 

USBマウスやUSBキーボードは使えて、USBハードディスクやスマホが使えなくなるのか?

 

調べてみると、デバイスマネージャーで「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」に

「!不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)」

なるものがありました。

 

これは、USB機器自体に問題があるわけではなく、Windowsが特定のUSBに問題があると判断して機能を停止してしまったのが原因のようです。

 

エラーコード43」を修復する方法をいくつか挙げてみます。

 

 

 

 

 

 

USBのケーブルを抜いて、また挿してみる

USBの接触の問題かもしれません。

まずは、USBケーブルを抜いて再度挿してみましょう。

出来ればPC側と接続機器側の両方で抜き差しを試してみてください。

 

デバイスマネージャーで診断してみる

次にデバイスマネージャーを使って確認してみましょう。

左下にある「Windows」マークを右クリックしてメニューから「デバイスマネージャー」を開きます。

 

ユニバーサル シリアル バス コントローラー」の中にある「」マークがついたデバイスを右クリックのメニューから「アンインストール」を選択します。

デバイスがアンインストールされる旨のメッセージが出たら、「OK」をクリックします。

 

その後、一番上の「パソコン名」を右クリックしてメニューから「スキャン」を選択します。

するとデバイスマネージャーがシステムをスキャンして自動的にデバイスを再インストールを行います。

先ほどのデバイスに「」マークが消えたか確認します。

 

パソコンのバッテリーを外してみる

ノートパソコンの場合、コンセントを外すだけではバッテリーがあるため電源が完全にシャットダウンされませ

 

ノートパソコンの場合、電源を落としてコンセントを抜いた状態でバッテリーを抜き、5分ほど放置します。

その後、バッテリーを取り付け、コンセントを指してパソコンを起動することで、USBエラーを修復できることがあります。

 

ドライバーをアップデートしてみる

最新のデバイスドライバーをインストールしてエラーコードが解消されるか確認します。

また、既に最新のドライバをインストール済でも、一度アンインストールしてから再度インストールすることで改善されることがあります。

ハードディスクなどは、販売元のメーカーのサイトでドライバを公開していることがあります。

必ずUSBデバイスを削除してからダウンロードしたドライバをインストールしてみてください。

 

USB配下のデバイスをすべて削除してみる

上記でも修復できないなら、USBデバイスをすべて削除してみます。

デバイスマネージャーで「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」配下のUSBデバイスをすべて削除します。

 

この時に、使用しているUSBマウスやUSBキーボードに関連しているものを削除してしまうとマウスやキーボードが使えなくなりますので注意してください

USBマウス、USBキーボードのデバイスを残して削除出来たら再起動してみます。

 

USBケーブルを交換してみる

USBケーブルが断線している可能性もあります。

どのUSBデバイスが接続できていないかを確認して、該当のUSBケーブルを交換してみましょう。

 

また、USBの接続口を変更してみて変化があるか確認してみましょう。

 

USBハブを交換してみる

USBハブを使用している場合、USBハブの給電量の不足が考えられます。

まずはUSBハブを外して、他の機器で問題がないか確認してみましょう。

その後、USBハブに接続する機器を少なくして改善するか確認しましょう。

 

また、デスクトップPCの前側にあるUSBの接続口は内部でUSBハブになっている可能性がありますので、PC本体の後側のUSBに接続してみましょう。

尚、USB2.0とUSB3.0では、給電量が異なりますので、USB3.0ハブに代えることで、解消されることもあります。

 

 

以上のように、様々なことが原因でUSBデバイスが使用できなくなることがあります。

USBデバイスが使用できなくなった原因はなかなか見つけにくいですが、上記を参考にして、根気よく探してみましょう。

 

スポンサードリンク




記事を検索
はじめまして、あきらです。

僕はSE(システムエンジニアリング)として働いています。

SEというと、忙しくて、辛い仕事だというイメージがあると思いますが、実際はその通りです(^^;

でも、パソコンや携帯電話について、多少なりとも詳しくなったと思っています。

だから、休日もパソコンやスマホを弄ったりするのが趣味みたいになってしまいました。

そんな僕の休日を記事にしたのでゆっくりとご覧になってください。

カテゴリー
スポンサードリンク
副業で稼ぎたいあなたにお勧めの商品